写真現象

写真現象には大きく分けて、「露光に関する現象」「反転に関する現象」「潜像に関する現象」「機械的作用による偽写真効果」「境界部における偽写真効果」「鮮鋭度に影響する現象」の6つあるので、それぞれ整理して覚えていきましょう!

また、写真現象はアナログのフィルム・増感紙系で起こる現象であり、デジタルのFPDやIPでは起こりません。

露光に関する現象

1.相反則と相反則不軌

照射光の強度をE、照射時間をtとすると、現像後の写真濃度Dは次式のようになります。

D = f × E × t

これを相反則といいます。(f はフィルムの種類により決まる定数)

相反則より、照射光の強度や照射時間を2倍にすると、写真濃度も2倍になります。

しかし、照射光の強度に極端な強弱がある場合は相反則が成立せず、現像後の
濃度は低下してしまいます。この現象を相反則不軌といいます。

2.間欠効果

相反則不軌と密接に関連した現象に間欠効果というものがあります。

間欠効果とは総露光量(E×t)が同じ場合でも1度に与えた時と分割して与えた時とで写真濃度が異なる現象のことをいいます。

繰り返しになりますが、これらの写真現象はアナログのフィルム・増感紙系で起こる現象であって、デジタルのFPDやIPでは起こりません。

反転に関する現象

1.ソラリゼーション

感光材料に最大濃度を超える露光量を与えた場合、その露光量の増大に応じて写真濃度が低下する現象をソラリゼーションといいます。

多量に露光することで、画像の色を反転(ネガポジ反転)させることができます。

2.ビラール効果

感光材料に露光を与えた後、再び中程度の照度の光で露光すると画像の色が反転する現象をビラール効果といいます。

3.クライデン効果

感光材料にあらかじめ高照度の露光を与えておくと、次に低照度の光で露光すると画像の色が反転する現象をクライデン効果といいます。

4.サバチェ効果

現像の途中で拡散光により露光してから再び現像すると画像の色が反転する現象をサバチェ効果といいます。

潜像に関する現象

1.潜像退行(フェーディング)

感光材料を露光後、長時間放置しておくと潜像が消失し、現像すると写真濃度が 低下する現象を潜像退行といいます。

特に高温・高湿下で著しく起こります。

2. ハーシェル効果

感光材料を青色光~紫外線で露光した後、潜像形成能力の少ない赤色光または赤外線*1をあてると写真濃度が低下する現象をハーシェル効果といいます。

*1は赤色光または赤外線はエネルギーが低い。

3.ベクレル効果

感光材料に多量の光を当て黒化を起こした状態では、潜像形成能力の少ない赤色光をあてても写真濃度が増加する現象をベクレル効果といいます。

機械的作用による偽写真効果

1.圧力効果

感光材料に圧力を加えてから露光すると、圧力を受けた部分の写真濃度が低下する現象を圧力効果といいます。

2.ラッセル効果

磨いた新しい金属面が乳剤に触れると潜像が形成される現象をラッセル効果といいます。

3.スタチック効果

感光材料に摩擦などが原因で帯電が起こると、現像後に黒い斑点の模様が生じる現象をスタチック効果といいます。

特に、 冬期などの空気の乾燥した時期に起こりやすいです。

境界部における偽写真効果

1.隣接効果

画像の境界で写真濃度が変化する現象のことで、ボーダー効果とフリンジ効果に分類できる。

2.ボーダー効果

高露光部の境界において、写真濃度が高くなる現象をボーダー効果といいます。

3.フリンジ効果

低露光部の境界において、写真濃度が低くなる現象をフリンジ効果といいます。

鮮鋭度に影響する現象

1.イラジエーション

乳剤層に強い光が入射するとその光はハロゲン化銀結晶ですべて吸収することができず乱反射してしまう。その結果、隣接するハロゲン化銀を感光させる。この現象をイラジエーションという。

2.ハレーション

乳剤層を透過した光がフィルムベース境界面で反射され、再び乳剤層に入射してハロゲン化銀を感光する現象をハレーションといいます。

3.クロスオーバー効果

増感紙の蛍光体から放射された光が、増感紙と接している面の乳剤層を感光するだけでなく、フィルムベースを透過して、反対側の乳剤層までに感光させることがある。この現象をクロスオーバー効果といいます。

クロスオーバー効果は片面乳剤では起こりません。

国家試験

Q1.相反不軌に基づく写真現象はどれか。(68回 pm46)

1.隣接効果

2.圧力効果

3.間欠効果

4.クロスオーバー効果

5.ラッセル効果

3

Q2.片面乳剤フィルムにおける現象で発生しないのはどれか。(66回 am92)

1.間欠効果

2.ハレーション

3.イラジエーション

4.クロスオーバー効果

5.ソラリゼーション

4

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました